2020年08月07日

夫の産後休業の創設について

政府は、妻の出産直後の夫を対象とした新たな休業制度を創設する方針を固めました。現行の産休制度は母親のみが対象で、原則は出産予定日の6週間前から取れる産前休業と出産後8週間の産後休業ですが、今回新たに導入するのは父親を対象とした産後休業で、出産直後の妻を夫がサポートできる機会をつくり、母親の産後うつを防ぐ効果なども期待されています。なお、積極的な活用を促すために育児休業よりも休業中の給付金を手厚くすることも検討しています。今秋から制度設計に着手し、来年の通常国会に育児・介護休業法の改正案を提出する見通しです。

2020年08月04日

雇用保険の基本手当日額の変更

 厚生労働省は、8月1日(土)から雇用保険の「基本手当日額」を変更します。
 雇用保険の基本手当は、労働者が離職した場合に、失業中の生活の安定を図り、求職活動を容易にすることを目的として支給するものです。「基本手当日額」は、離職前の賃金を基に算出した1日当たりの支給額をいい、給付日数は離職理由や年齢などに応じて決められています。
 
【具体的な変更内容】
1 基本手当日額の最高額の引上げ
  基本手当日額の最高額は、年齢ごとに以下のようになります。
 (1) 60歳以上65歳未満  7,150円 → 7,186円(+36円)
 (2) 45歳以上60歳未満  8,330円 → 8,370円(+40円)
 (3) 30歳以上45歳未満  7,570円 → 7,605円(+35円)
 (4) 30歳未満       6,815円 → 6,850円(+35円)
2 基本手当日額の最低額の引上げ
             2,000円 → 2,059円(+59円)

https://www.mhlw.go.jp/content/11607000/000654410.pdf

2020年07月30日

障害者の法定雇用率の0.1%引上げの時期について

2020年7月31日に行われる厚生労働省労働政策審議会障害者雇用分科会の資料の中で障害者の法定雇用率の0.1%引上げの時期を2021年1月1日とすることが示されています。

 

https://www.mhlw.go.jp/content/11704000/000654097.pdf

2020年07月27日

令和2年度地域別最低賃金額改定の目安について

7月22日に開催された第 57 回中央最低賃金審議会で、今年度の地域別最低賃金額改定の目安について答申が取りまとめられ、その内容が公表されています。

新型コロナウィルスの経済等への影響を勘案し、「引上げ額の目安を示すことは困難であり、現行水準を維持することが適当」との内容になっています。

 

厚労省報道発表

https://www.mhlw.go.jp/content/11302000/000651757.pdf

 

厚労省HP

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_12604.html

2020年07月20日

厚生年金保険の標準報酬月額の上限改定について

先日パブリックコメントが出ていた厚生年金保険の標準報酬月額の上限改定に関する内容が

公表されていました。

改定にあたっては特別な手続きはいらないこと、改定後の新等級に該当する被保険者がいる対象の事業主へは9月下旬以降、通知が届くことが案内されていました。

 

年金機構

https://www.nenkin.go.jp/service/kounen/jigyonushi/oshirase/20140627.files/zenkoku.pdf

2020年07月06日

複数の会社で働く人の労災保険給付額についての変更

2020年9月1日から施行される「雇用保険法等の一部を改正する法律(令和2年法律第14号)」の労災保険部分について、詳細が公表されています。

この改正により、2020年9月1日以降に複数の会社で勤務しており、業務災害や通勤災害によりけがをしたり、病気になったとき等は、

すべての勤務先の賃金額を合算した額を基礎に給付額等を決定することになります。

あわせて、それぞれの勤務先での負荷(労働時間やストレス等)に関しても同様の取扱いとなります。

 

今後は従業員の副業・兼業に関する情報を正確に把握しておくことが、今以上に重要になるかと思います。

 

厚労省HP

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/rousai/rousaihukugyou.html

 

リーフレット

https://www.mhlw.go.jp/content/000645682.pdf

▲このページのトップに戻る