2021年11月30日

労働安全衛生調査(実態調査)の結果

厚生労働省が実施した2020年の「労働安全衛生調査(実態調査)」の結果が発表されました。過去1年間にメンタルヘルス不調により連続1ヶ月以上休業した労働者または退職した労働者がいた事業所の結果に注目すると、その割合は 9.2%となり、特に企業の従業員数規模が大きくなるに連れ高い割合となっています。

 

厚労省HP

https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/r02-46-50b.html

▲このページのトップに戻る