2020年07月27日

令和2年度地域別最低賃金額改定の目安について

7月22日に開催された第 57 回中央最低賃金審議会で、今年度の地域別最低賃金額改定の目安について答申が取りまとめられ、その内容が公表されています。

新型コロナウィルスの経済等への影響を勘案し、「引上げ額の目安を示すことは困難であり、現行水準を維持することが適当」との内容になっています。

 

厚労省報道発表

https://www.mhlw.go.jp/content/11302000/000651757.pdf

 

厚労省HP

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_12604.html

2020年07月20日

厚生年金保険の標準報酬月額の上限改定について

先日パブリックコメントが出ていた厚生年金保険の標準報酬月額の上限改定に関する内容が

公表されていました。

改定にあたっては特別な手続きはいらないこと、改定後の新等級に該当する被保険者がいる対象の事業主へは9月下旬以降、通知が届くことが案内されていました。

 

年金機構

https://www.nenkin.go.jp/service/kounen/jigyonushi/oshirase/20140627.files/zenkoku.pdf

2020年07月06日

複数の会社で働く人の労災保険給付額についての変更

2020年9月1日から施行される「雇用保険法等の一部を改正する法律(令和2年法律第14号)」の労災保険部分について、詳細が公表されています。

この改正により、2020年9月1日以降に複数の会社で勤務しており、業務災害や通勤災害によりけがをしたり、病気になったとき等は、

すべての勤務先の賃金額を合算した額を基礎に給付額等を決定することになります。

あわせて、それぞれの勤務先での負荷(労働時間やストレス等)に関しても同様の取扱いとなります。

 

今後は従業員の副業・兼業に関する情報を正確に把握しておくことが、今以上に重要になるかと思います。

 

厚労省HP

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/rousai/rousaihukugyou.html

 

リーフレット

https://www.mhlw.go.jp/content/000645682.pdf

2020年07月02日

「標準報酬月額の特例改定に係るQ&A」が公開

先日発表された「新型コロナ 随時改定の特例が新設」について、日本年金機構から「標準報酬月額の特例改定に係るQ&A」が公開されました。

実務上、様々な疑義が生じている状況かと思われますのでQ&Aもご参照ください。


日本年金機構HP

https://www.nenkin.go.jp/oshirase/topics/2020/0625.html

 

Q&A

https://www.nenkin.go.jp/oshirase/topics/2020/0625.files/QA.pdf

 

 

2020年07月01日

「いじめ・嫌がらせ」に関する民事上の個別労働紛争の相談件数が8年連続トップに

厚労省より「令和元年度個別労働紛争解決制度の施行状況」について公表されています。

下記資料の後半は事例が掲載されており、

ハラスメントや雇止め等の事案に対し、会社側が慰謝料や解決金を支払ったというあっせん事案が紹介されています。

どこの会社でも起こりうる内容でもあり、改めてハラスメント等の対策を講じていくことの重要性を感じます

 

厚労省資料

https://www.mhlw.go.jp/content/11201250/000643973.pdf

2020年06月23日

厚生年金保険の標準報酬月額の最高等級が引上げに

厚生年金保険法の標準報酬月額の等級区分の改定等に関する政令案(仮称)により、2020年9月1日から適用する標準報酬月額の等級区分について、現在の最高等級の上にさらに1等級を加えるための必要な読替えを行うことがパブリックコメントに付されました。

 

具体的には、標準報酬月額の等級区分について、現行の最高等級である31級(620,000円)の上に、さらに1等級、32級(650,000円)を加えるものです。

これにより、31等級の被保険者が32等級となることで、労使双方で2,745円の負担が増えることになります。

 

これまで健康保険の標準報酬月額は、下限や上限が変更になっていましたが、厚生年金保険に関する見直しは長い間行われてきませんでした。

公布は2020年8月下旬が予定されています。給与計算への影響も発生しますので、正式な発表を待ちましょう。

 

「厚生年金保険法の標準報酬月額の等級区分の改定等に関する政令案(仮称)に関する御意見募集(パブリックコメント)について」

https://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=495200121&Mode=0

▲このページのトップに戻る