2018年06月07日

外国人就労拡大へ在留資格新設の方針

政府は6月5日に開いた経済財政諮問会議で「経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)」の原案を示し、そのなかで、少子高齢化で人手不足が深刻化するなか、外国人が就労可能な新たな在留資格を創設し、受け入れを拡大する方針を明記しました。

介護や農業、建設など人手不足に悩み、外国人人材を必要とする業種に限定し、一定の技能水準と日本語能力を身につけた人を対象に最長で5年間の在留を認める内容で、法務省は秋の臨時国会にも新制度を盛り込んだ出入国管理及び難民認定法の改正案を提出し、来年4月の施行を目指します。

家族帯同は原則として認められませんが、滞在中により高い専門性が確認されれば、業種によっては「専門的・技術的分野」として、さらに別の在留資格に移行できるようにする方針で、この場合には5年を超える長期滞在や、家族帯同も認められるようにする方針です。

 

内閣府「平成30年第8回経済財政諮問会議」資料

http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2018/0605/agenda.html

2018年06月06日

平成29年度 職場における熱中症による死傷災害の発生状況

厚生労働省は5月1日から9月30日まで「STOP!熱中症クールワークキャンペーン」を実施しており、個々の労働者に水分・塩分の摂取を呼び掛けるだけでなく、事業場として、予防管理者の選任など管理体制の確立を含めた対策の徹底を図るため、労働災害防止団体などとの連携や、関係業界団体などへの関連情報の周知・提供、協賛団体による支援などの取組みを行っています。

 

5月31日には厚生労働省より「職場における熱中症による死傷災害の発生状況」が公表されており、それによると、昨年(平成29年)の職場での熱中症による死傷者(死亡・休業4日以上)は544人と、平成28年よりも82人増加し、うち死亡者は14人と、前年より2人増加しています。熱中症による死傷者は、平成23年以降、毎年400〜500人台で高止まりの状態にあり、平成29年の業種別の死亡者では、建設業が全体の約6割(8人)と、最も多く発生しています。

また、熱中症で死亡した14人の状況をみると、職場で基本的な対策が取られていなかったことが指摘されています。

建設などの現場作業だけでなく、熱中症はどのような職場でも起こり得ますので、厚生労働省のリーフレットなども参考に、注意喚起をしていきましょう。

 

STOP!熱中症クールワークキャンペーン

http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11303000-Roudoukijunkyokuanzeneiseibu-Roudoueiseika/leaflet_1.pdf

 

平成29年度 職場における熱中症による死傷災害の発生状況

http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11303000-Roudoukijunkyokuanzeneiseibu-Roudoueiseika/h29_jokyo_1.pdf

2018年06月05日

平成29年度 育児休業取得率

厚生労働省は「平成29年度雇用均等基本調査」の速報を公表しました。これによれば、平成29年度の男女別の育児休業取得率は、女性 83.2%(前年度比+1.4%)、男性 5.14%(前年度比+1.98%)となっています。

男性の育児休業取得率は、女性と比較するとまだまだ低空飛行ではありますが、伸び率では着々と増加しており、特にこの1年間は大幅な伸びを見せています。共働きの増加、働き方改革など様々な要素はあろうかとは思いますが、今後もこの傾向が続くことは間違いないでしょう。男女ともに育児や家事を分担しながら、仕事と両立することが不可欠な時代になっていきます。

 

厚生労働省HP

http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/71-29.html

平成29年度雇用均等基本調査の概要

http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/dl/71-29-07.pdf

2018年05月28日

平成30年度被扶養者資格の再確認及びマイナンバーの確認について

協会けんぽから「平成30年度被扶養者資格の再確認及びマイナンバーの確認について」が公表されております。

被扶養者及び70歳以上の被保険者のうち、協会けんぽが管理している基本情報と住民票の情報が相違している等によりマイナンバーの確認ができない方に関し、確認リストが配布されます。予定としては6月中旬より発送され、「マイナンバー確認リスト」の提出期限は、平成30年6月29日と設定されております。

 

協会けんぽHP

http://www.kyoukaikenpo.or.jp/home/g5/cat590/20180331

 

マイナンバー確認の流れ

http://www.kyoukaikenpo.or.jp/~/media/Files/honbu/250523/30saikakunin2.pdf

2018年05月24日

職場情報総合サイトが公開予定です。

厚労省は「職場情報総合サイト」を平成30年9月末に公開することで準備を進めています。

このサイトは、就職後のミスマッチ防止を目的とし、企業の時間外労働時間や有給休暇取得率、平均年齢などの職場情報を比較・検討できる仕様になるようです。

具体的には、これまで情報の発信サイトとしていた、「若者雇用促進総合サイト」や「女性の活躍推進企業データベース」、「両立支援のひろば」も横断的にこのサイトで検索、閲覧ができ、求職者の情報収集をサポートする内容になるようです。

 

厚労省HP

http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudouzenpan/syokubajouhou/index.htm

2018年05月14日

睡眠不足に起因する事故防止の対策強化について

国土交通省より、旅客自動車運送事業運輸規則及び貨物自動車運送事業輸送安全規則の改正に関する

発表がありました。

 

バス・タクシー・トラック事業について、運転者の睡眠不足による事故の防止を一層

推進するため、睡眠不足の乗務員を乗務させてはならないこと等を明確化し、点呼簿の

記録事項として睡眠不足の状況を追加するようです。

 

平成30年6月1日施行の予定です。

 

国土交通省HP

http://www.mlit.go.jp/common/001232432.pdf

▲このページのトップに戻る