2020年09月24日

医療従事者の労災上乗せ補償を行う民間保険の保険料一部補助

9月18日、厚生労働省は、医療資格者が新型コロナウイルスに感染した際の労災給付上乗せ補償を行う民間保険に加入する医療機関に対し、保険料の一部補助を行う「令和2年度新型コロナウイルス感染症対応医療機関労災給付上乗せ補償保険加入支援事業」に関する情報を、ホームページに掲載しました。

 

【対象となる労災給付上乗せ補償保険】

アを満たす民間保険(アおよびイを満たすものを含む)であって、令和2年4月1日から令和3年3月31日までの間に、契約を締結し、契約の始期があるもの

ア 休業補償

被用者が業務において新型コロナに罹患して休業し、労働基準監督署の労災認定を受けた場合に、労災給付の上乗せ補償を行う保険

イ 死亡補償または障害補償

被用者が業務において新型コロナに罹患して死亡し、または障害が残り、労働基準監督署の労災認定を受けた場合に、死亡補償金または障害補償金を給付する保険

 

【対象となる医療資格者】

医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、診療放射線技師、診療エックス線技師、臨床検査技師、衛生検査技師、理学療法士、作業療法士、視能訓練士、言語聴覚士、臨床工学技士、義肢装具士、救急救命士、歯科衛生士、歯科技工士、管理栄養士、栄養士または精神保健福祉士

 

提出期限は令和3年2月26日(当日消印有効)、申請書の受付から振込までは、おおよそ2〜4週間程度が見込まれています。

 

厚生労働省HP:令和2年度新型コロナウイルス感染症対応医療機関労災給付上乗せ補償保険加入支援事業について

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000098580_00003.html

▲このページのトップに戻る