2019年02月19日

「ロウムドック(賃金版)」で早めにチェックしませんか?

こんなご心配、お悩みはございませんか?

・「働き方改革」対応って、わが社は大丈夫だろうか?

・特に賃金に関するコンプライアンスが心配。専門家に尋ねたことがない

・人手不足で、採用が厳しい、人も定着しない。今いる従業員のやりがいを

 高めるためにも、賃金制度の見直しが必要なのではないか・・・

 

早めの準備は計画も立てやすく、経営的にも余裕を持った対応が可能です。

 

あなたの会社では、自信を持ってチェックがつけられますか?

□賃金計算は法定通りにできている。未払い賃金は一切ない。

□労働時間は法定通りに管理できている。調査等で指摘されたことはない。

□賃金の決め方ははっきりしている。世間相場と比べ、遜色ない金額である。

 

詳しくはパンフレットをご覧ください。

   

2013年11月01日

その人件費、適正ですか?

社会保険労務士法人ハーモニーは、賃金総研グループのパートナーとして、確かな理論に基づいた賃金制度をご提案します。

 

中途入社の社員の賃金をいくらにすべきか、いつも悩む。

なんとなく人件費が高すぎるように感じている。人件費を抑えたいが、賃金が下げられない。

賃金制度は労務管理の最重要ポイントのひとつです。

今の賃金制度は、適正と言い切れますか?将来にわたり持続可能でしょうか?定期的に見直していますか?

賃金診断によって現行制度の問題点を明らかにしましょう。


良い人材を採用したい。社員がやる気をもって、生き生きと働ける会社にしたい。

賃金制度は、社員の評価制度と一体です。

公平で公正な制度をととのえ、公開しましょう。

確かな理論と経験にもとづいたコンサルティングで、御社に合った評価制度・賃金制度構築のお手伝いを致します。

▲このページのトップに戻る